Lucy’s blog

声優の養成所・デザインの専門学校に通っている人が好きなことを書いて収益化を図ろうとする雑記ブログです

【声優がするストレッチ】声優志望にオススメ!体を動かして声を整えるストレッチ

f:id:tyggv6fv6470kj:20190130105721j:image

アスリートやプロスポーツ選手が

パフォーミングをする前にストレッチをするように

 

声を出すのにもある程度の準備運動が必須です

 

ましてや舞台になってくると失敗はできませんので

入念なストレッチが欠かせなくなります

 

そこで今回は

声を出すだけでなく演じる職業である『声優』

にオススメするストレッチを紹介しようと思います

[:contents]

ストレッチを怠ると喉を痛めてしまいます

f:id:tyggv6fv6470kj:20190130120537j:image

面倒だからといってストレッチを怠ると

喉を痛めてしまう可能性があります

 

日頃の私生活においては

ストレッチなしでもなんの支障もないのですが

声を酷使する職業であればそうはいきません

 

日頃から喉のメンテナンスは怠らないようにしましょう

 

顔の筋肉をほぐす

f:id:tyggv6fv6470kj:20190202221657j:image

口がうまく回らずにセリフが言えない時のために

顔の筋肉をほぐすことが大切です

 

  1. クシャッとなるように口を大きく使って笑う
  2. 頰を大きく膨らませる
  3. 顔を上へ向けて首を伸ばす
  4. 目を大きく開けながら口を大きく開ける
  5. 顔のパーツを中心に持ってくるイメージでクシャッとする

 

Warm Up 〜体を温める〜

f:id:tyggv6fv6470kj:20190202225247j:image

今回はあくまでも体を温めるためのストレッチです

なので発声練習とはまた別です

喉は喉で体は体で個別にストレッチをすることが望ましいです

 

一言で言うと

上半身中心のストレッチをすることをお勧めします

  • 肩・腕部
  • 胸部・腹部
  • 背部・腰部
  • 手首・足首

これらを重点的にストレッチすれば

上半身の大部分は温められます

 

運動前や授業の体育前などに行われる

一般的なストレッチで構いません

喉周りのストレッチ

f:id:tyggv6fv6470kj:20190202231914j:image

首を前や後ろ、左右に傾けて首の筋肉を緩めてください

あまりやりすぎると頸椎を痛めてしまう可能性があります

 

他にも

ニカッと笑いながら顔を上へ向ける運動も

首元の筋肉を和らげるのに効果的です

うまく声が出ないときは無理をせずにストレッチ

f:id:tyggv6fv6470kj:20190202232610j:image

“うまい具合に声が出ないときはよくあることです” 

そんなときは無理をして声を出し続けるのではなく

一度準備段階に立ち返ってストレッチをしてください

 

無理に出すのも手っ取り早くていいとは思いますが

万が一それが理由で

商売道具である喉を痛めてしまっては元も子もありません

 

オーディション・本番の時のような大事な場面では

意識せずとも緊張してしまうものです

 

そんな時に備えてストレッチに重きを置くことが

プロ意識の1つだと僕は思っています