Lucy’s blog

声優の養成所・デザインの専門学校に通っている人が好きなことを書いて収益化を図ろうとする雑記ブログです

【余裕でかける】初心者でも描ける簡単な石膏デッサン –手順に沿って解説鉛筆の使い方徹底解説–

f:id:tyggv6fv6470kj:20181109214832j:image

こちらの石膏デッサン

もちろん自分が描いたのですが

こう見えても

石膏デッサンは人生で4枚目なんです

 

4枚目にしては意外と描けてませんか?笑

もちろん芸大生の描く石膏デッサンと比べたら

足元にも及びませんが

 

なので今回は

・これから石膏デッサンを学びたいけど描き方がわかない人

・予備校に行かなくても石膏デッサンがかけるようになりたい人

・何を使って書けばいいのかわからない人

の人たちのために

僕みたいなデッサン初心者でも石膏デッサンが描けた

ということを記事にして紹介します

1. 信頼の担保として自己紹介

まずは

自分がどんな人だったのかを、ざっとではありますが説明します

 

僕は高校生になるまでは美術は苦手科目でした

その中でも何かを描くことが本当に苦手で

 

手を描くのも団子に爪楊枝を5本刺したような感じの手

しか描けないほどだったんです

 

こんなド素人の僕が、高校生活の約3年間でデッサンの上級である

『石膏デッサン』が描けるようになりました

 

その石膏デッサンの上達の過程を写真で紹介していきます

今まで描いた石膏デッサンを若い順に紹介

1枚目【ラボルト】

f:id:tyggv6fv6470kj:20181109221331j:image

【ラボルト】は比較的描きやすいで有名です

初心者によく親しまれている石膏といっても過言ではありません

なので石膏デッサンを書き始める人はこちらから書き始めることをお勧めします

 

当時はとても難しくて、首の下にある土台を描き忘れています

首が浮いているように見えて気持ちが悪いですね

2枚目【マルス】

f:id:tyggv6fv6470kj:20181110001808j:image

2枚目は【マルス】の半身像です

やはりまだ2枚目なので、まだまだ構図がおかしいです

遠近もイマイチ表現できていませんので、デッサンとしてはあまり良いものではありません

 

遠近を表現するには
  • 手前は濃く描き奥は薄く描く
  • 構図にこだわる

この二つを意識するだけで遠近が表現できます

このデッサンは上の2つができていませんので

遠近が付いていません

 

ですが1枚目に比べて、自信がついたのか知りませんが

鉛筆のノリが濃くなっています

デッサンは濃くてなんぼなのでその点に関しては良いです

3枚目【青年マルス】

f:id:tyggv6fv6470kj:20181109221850j:image

3枚目は【青年マルス】です

2枚目のマルスの青年バージョンですね

 

2枚目と比べて

構図が安定しているので

まだ良い方です(右側がおかしいところもありますが)

 

下から見た構図で描いたので

遠近もついており

”陰影も光源が右から当たる“ と設定したため

安定していると言ってもいいのではないでしょうか

4枚目【マルス】(リベンジ)

f:id:tyggv6fv6470kj:20181109221129j:image

4枚目は【マルス】をリベンジしました

こちらのデッサンは

[遠近・構図・陰影]の3つとも比較的安定してきました

下の木の椅子まで描く余裕も出てきました

かかった時間は

おおよそ9時間くらいですかね

 

芸大受験生と比べれば全然遅い方です

もちろんクオリティも足元に及びません

5枚目【ゲタ】

f:id:tyggv6fv6470kj:20190105224838j:image

5枚目は【ゲタ】を描きました

こちらは構図が左によってしまったのが心残りなのですが

枚数を重ねるごとにデッサン力が上がっているのが

見てとれます

4枚目よりも遠近が強調されていますよね

陰影もよく描写されていますが

衣服の部分は難しかったです

 2.石膏デッサンの描き方

デッサンを書く上で大事なこと

↓の記事でも書いたとおり 

【遠近・構図・陰影】の3つです

石膏デッサンはこの3つを応用させたものになります

では手順を紹介します

2−0.デッサンでオススメの鉛筆の種類

「鉛筆ってたくさんあるけどどれ使って描けばいいの?”」

と、よく初心者の方は疑問に思いがちです 

薄くても紙に書ければ、どれを使っても同じです

 

強いて言うなら、石膏デッサンで使う鉛筆の種類

個人の経験の元に紹介します

序盤 →中盤→ 終盤

の流れ別に、オススメの濃さの鉛筆を紹介します

序盤

序盤はまず3〜6Bをオススメします

最初にB系を使うことで

消しやすくなります

 

B系は濃いので少しの力で描けます

紙に跡がつかないため練りゴムで消しやすくなります

中盤

中盤からは4B〜HBをオススメします

中盤は基本的に細かな部分や

遠近をはっきりと出したりする作業なので

少しH系の鉛筆も混ぜて使います

終盤

終盤あたりではB〜2Hをオススメします

仕上げにはさらに細やかな部分を表現するので

固めの鉛筆が好ましいです

2−1.『スケール』を使って構図を描く

まず最初の手順として

『スケール』を使って構図を書きます

 

『スケール(デスケル)』とは

構図を描く際に非常に役立つツールです

形をとる人でも簡単にとることができます

500円ちょっとなので、低コストで高い効果を発揮します

まあ簡単と言っても、多少は基礎がしっかりしていないと

ゆっくり時間をかけないと描けませんので

描けない責任は負いかねます

 

それはさておき

さきほど「序盤」で説明した通り

最初の段階で使う鉛筆は3〜6Bを用いて描くことをお勧めします

僕は4Bを愛用しています

 

鉛筆の種類が濃くなっていくほど、ちょっと力を入れるだけで濃くかけますので

紙が傷つかずに描けて、練りゴムで消しやすくなります

2−2.陰影で輪郭を作る

輪郭は線で描いてはいけません

陰影で表現してください 

輪郭をイラストのように描くことはあまりお勧めしません

 

なぜなら

立体感が出にくいからです

 

それに

輪郭で描いてしてしまうと視野が狭くなってしまい

正確な形を取るのが難しくなってしまいます

f:id:tyggv6fv6470kj:20190105233442j:image

顔を描くのにに苦労したので、顔を中心に描き込んでますが

実際は、全体的にぼやけたシルエットのように描くのがコツです!

2−3.影の調子を強くする

次の工程では、全体的に色をのせていきます

 

この時に意識することは

遠近です

奥にあるものは薄く小さくなっていきます

そして手前にあるものは濃くて大きく見えます

f:id:tyggv6fv6470kj:20190105233424j:image

こちらの写真

部屋のせいで暗く見えすぎていますが

かなり色を乗せたつもりです

2−4.対象物と作品を遠くから見て確認する

こまめに離れて見る癖をつけましょう

でないと一部分にだけ意識がいってしまいます=構図が偏る

 

こまめに第三者の視点で確認できるように

合間合間に、2メートル程離れて観察してみましょう

 

この時点では

はもう手遅れですが

遠近陰影はいくらでも訂正できます

初心者が一番やってはいけないこと

途中で諦めることです

 

最後まで書き続けると

必ず結果がついてきます

デッサンはどんなにセンスがない人でも

ある程度描けるようになります

 

『焦らず、ゆっくりと描き続けてください』

2−5.遠近を強める

f:id:tyggv6fv6470kj:20190105234356j:image

遠くにあるところや、光が反射する場所を

ティッシュやガーゼでこすり、ぼかしてみましょう

 

手前は4Bあたりで濃く描いてみましょう

ここまで描けたらだいぶ形になってきているはず!

2−6.工程3.~5.を繰り返す

f:id:tyggv6fv6470kj:20190105234300j:image

失敗したら練りゴムで消し、また描く。

遠くから離れて見て描き足りないならまた描き足す

これを何度も続けてみてください

 

自分が満足するまで描きたせば完成です

オススメの参考書

【伝わる絵の描き方】

やはり基礎能力ができていないと石膏デッサンは厳しいです

デッサンにおいて重要な要素である『遠近』

とてもわかりやすくのっています 

【石膏デッサン(みみずくアートシリーズ)】

こちらはデッサン指導では有名な

『お茶の水美術学院』協力の参考書です

 

石膏デッサンの失敗例を紹介しながら

描き方の基礎がこと細やかに乗っています