Lucy’s blog

一人暮らしの19歳専門学生がメンズコスメ,声優,デザインを中心に運営している特化型雑記ブログです

【台本サンプル付き】声優オーディションの内容と一連の流れを徹底解説!

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213170447j:image

声優にとってオーディションはつきものです

 

声優になるためにもオーディションが必要ですし

 

声優になった後にも

キャラクターの選考オーディション

などを必要とします

 

そんな中

声優志望たちや、声優に興味がある人のために

声優オーディションの一連の流れ

についてを紹介しようと思います!

そもそもオーディションとは

f:id:tyggv6fv6470kj:20190128015918j:image

『オーディション(audition)』とは

ラテン語

”audire “が由来となっています

 

一般的に

コメディアン・俳優・女優などを選抜を目的

とした試験のことを指します

 

声優におけるオーディションとは

演劇の役やアニメのCVなど

配役を選抜するための採用試験

のことを指します

 

オーディションの種類

f:id:tyggv6fv6470kj:20190128020057j:image

オーディションには大きく分けて2種類あります

 

1つは

声優プロダクションへ所属するため

に開催される

『所属オーディション』

 

アニメや映画・ゲームなどキャストの厳選

を目的としている

『キャストオーディション』

があります

 

所属オーディションはプロダクションごとに定期的に開催されており

 

実力・経験に応じて

所属・預かり・養成所に分けられます

 

もちろん所属にもランク分けされており

 

主力メンバーが筆頭となり

そのほかは預かりに落とされないように競い合っています

 

養成所にもランク分けされており

特待生や基礎学科などがあるプロダクションもあります

 

オーディションの流れ

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213214654j:image

オーディションでは

ただ演技をするだけではなくて

面接みたいに書類を提出したり

質疑応答もしなければなりません

 

ただ受かればいいというだけではなくて

『自分がプロダクションを選ぶ』

という意気込みで挑むといいでしょう

 

書類審査

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213214729j:image

オーディションはほとんどの場合書類審査から入ります

 

審査員に

“この人に会ってみたい”

と思わせるような履歴書にしなければなりません

 

自己PRや志望動機・特技・プロフィール写真などで

自分を表現します

 

文字だからといって妥協してはなりません

すでに審査は始まっているのですから

 

※ちなみに未成年の方は保護者の同意が必要とされますのでご注意を

 

ボイスサンプル

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213215311j:image

書類審査のうちに

ボイスサンプルを求められる場合があります

 

ボイスサンプルとは

“自分自身の声の宣材をデータにしたもの“

のことを言います

 

よく声優事務所のサイトで

それぞれの声優のボイスサンプルがあるように

 

そのデータだけで

その人の声質・演技力の幅などがわかります

 

収録はお金に余裕がある方は収録スタジオで声を収録したりして

 

学生さんなどのお金に余裕がない方は

カラオケボックスなどで録ることをお勧めします

 

その場合はボイスレコーダーで録ることができます

 

ボイスレコーダーは必ず購入しておいたほうがいいです

自分の声は自分の耳で聞くのと

他の人が聞くのとでは声が違います

実際ボイスレコーダーでとった

”第三者から聞く自分の声“ を聞いてみると

最初は

自分の思っていた声よりも少し違和感を感じました

 

細かくいうと自分の声は毎日違います

 

自分の体調・気分・周りの湿度に大きく左右されます

声を世に売り出す前にはまず、

自分の声は自分が1番よく知っておきましょう

実技審査

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213221512j:plain

日本工学院クリエイターズカレッジ 学内公開オーディションより引用

書類審査に合格すると

次はいよいよ実技審査です

 

一次審査では基本的に

性別ごとに台詞があらかじめ用意されていて

そのキャラクターをぶっつけで演じます

 

そのほかにも

ナレーション・朗読の審査があったりします

 

演技力の幅を審査されます

そして最後に

自己PRを15秒から1分します

 

「ラブライブ!サンシャイン!!」や「名探偵コナン」など
150タイトル以上のアニメ・漫画・ゲームコラボグッズを販売!コラボグッズならAMNIBUS

 

自己PR

自己PRは

演技の審査よりも重要です

 

今の声優業界は

ただ演技ができるだけの声優よりも

コミュニケーション能力に長けた

『マルチに活躍できる声優』が理想的です

 

それを限られた時間でPRするのですから

練習をすることをお勧めします

 

それぞれ

15秒・30秒・45秒・1分の4種類の自己PRがあります

 

このうちどれが課題となるかは

オーディション会場に来てみなければわからないケースが多いですから

 

それぞれに対策を練っておかなければなりません

 

演技(セリフ)

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213223926p:image

台本サンプル↑

基本的に一次審査は

創作台詞の台本の一部の資料が当日に渡されたりします

 

自分の得意なキャラクターを選択できたりしたならばラッキーでしょうけども

どんな演技も来ていいように

対策を練っておくことに損はないでしょう

ナレーション・朗読

ナレーションはアナウンサーだけができればいいと思う方もいらしゃるかもしれませんが

実はナレーション審査は

所属オーディションには必ず出るといってもいいでしょう

 

抑揚をつけたり・過度な演技をしないようにと

意外と難しいです

 

質疑応答

f:id:tyggv6fv6470kj:20181213224936p:image

質疑応答は少人数ならば一人づつ設けられるところもありますが

大規模のオーディションならば

審査員が気になる人だけの場合もあります

 

なので

質疑応答は基本二次審査からが多いです

f:id:tyggv6fv6470kj:20190128020346j:image

”アカペラで歌って“  などの急な要望にも対応できるように

ある程度どんなことも応答できるよう

想像しておくことをお勧めします