Lucy’s blog

声優の養成所・デザインの専門学校に通っている人が好きなことを書いて収益化を図ろうとする雑記ブログです

【令和を3年前から予言】新元号『令和』の意味や由来を元号別に解説!『令和』に関するいくつかのうわさを調べてみた。 ー元号のある法則と一定の規則性ー

f:id:tyggv6fv6470kj:20190401223953p:image

2019年4月1日11時30分を過ぎ

予定時間よりも遅れ気味になって

菅官房長官が会場へと来られて

 

新元号を

ー令和ー  (読み:れいわ)

と発表されました

 

そんな新元号発表前に皆さん思い思いに

新元号の予想をされていましたよね

 

元号にもある一定の規定があり

予想された元号をなるべく避ける決まりになっているので

 

ほとんどの方が当たってないかと思います

 

ですが今回は

この新元号を予想していたという人が出てきました

なので

その人やほかの元号を言い当てた人の真相についてと

元号のある法則性なるものがあるらしいので

記事にまとめていこうと思います

 

 

元号を3年前に言い当てていた?

 

どうやらこの方は3年前に平和の次の年号が

『令和』ではないかと予測されていたようです

 

ツイッターではこのツイートが

あれよあれよと広まっているようです

 

他にも令和と予想している方がいらっしゃるようで

 

こちらの方はブログで予想されている方のようです

ブログはいつでも記事を

更新しなおすことができるので

本当かどうかは調査上ではわかりませんが

 

何がともあれ

元号を予想されているのはすごいことです!

 

もしかしたら他にも

当たっている人がいるかもしれませんね

 

元号の選び方に法則性がある

【元号の歴史社会学】専門の

社会学者「鈴木 洋二」が言うには

元号の選び方には法則があるらしいです

 

日本の元号は247あるそうなんですが

これまで元号の頭文字で使われたのは

アルファベットで15文字

 

その中でも最も多いアルファベットは

『K』

61回も使われているそうです

『B』は15回、『E』は27回

とある程度の重複性があることがわかります

 

このように広い範囲ではありますが

頭文字のアルファベットで見てみると

一定数の重複性により新元号の選択肢が狭まってきます

 

次に

《近代元号》である

[昭和][平成]ですが

 

これら2つの元号は

今まで使用されなかった漢字と

使用されたことのある漢字の

2つが組み合わさってできています

 

どういうことかと言いますと、

「昭」は新登場の漢字で

「和」は19回使用されています

 

「平」は12回使用されており

「成」は新登場です

 

新元号も

このように新しい漢字と

以前から使用されている漢字の組み合わせなのかもしれません

 

元号のコンセプト

  1. 国民の理想としてふさわしいような意味を持つもの
  2. 漢字2文字であること
  3. 書きやすいこと
  4. 読みやすいこと
  5. これまでに元号又は諡として用いられていないこと
  6. 俗用されていないこと

元号選定手続きより引用

247の全ての元号にはそれぞれ意味があります

 

大正は易経より

「『大』亨は以って『正』天の道なり」

という言葉が由来になっています

意味としては

「天が民の言葉を嘉納し、政が正しく行われる」という意味です

 

昭和

四書五経の1つの「百姓昭明、協和萬邦」によります

意味としては

「国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う」という意味です

 

平成

『史記』五帝本紀の

「内平外成」

『書経』大禹簿の

「地平天成」

の2つからで

「内外、天地とも平和が達成される」

という意味になっています

 

令和

『万葉集』五巻の「梅花歌三十二首」に

「于時初春令月 氣淑風和」

(時に、初春の令月にして、気淑く風和らぎ)

 

これを引用して

令和としたようです

 

元は中国発祥なので

  由来は大半が

中国の書物からの引用が多いようですね