Lucy’s blog

一人暮らしの19歳専門学生がメンズコスメ,声優,デザインを中心に運営している特化型雑記ブログです

【知らない人がほとんど】定規の凹みの使い道とオススメの定規

f:id:tyggv6fv6470kj:20181229204039j:image

皆さん定規は

小学生の頃に木製のものさしを使っていましたよね

(上の写真のような)

 

大人になっても

「定規は欠かせないアイテム」と言った職業の方も多いと思います

 

そこでこんな質問ですが

ここの窪みがなんのためについているか知ってますか?↓

f:id:tyggv6fv6470kj:20181229185701j:image

 

木製の定規にも、プラスチックの定規にも

従来の定規にはこの窪みのようなものが付いています

(最近の定規にはついていないものも多いですが)

では本題に戻りますが

”この定規の凹みはなんのために使うのか“ という疑問なんですが

 

これ実は

あるアイテムと組み合わせて使用するものなんです!

 

ガラス棒と組み合わせる

こちらのガラス棒という道具と組み合わせて使います

 

どう言った用途で使われているかというと

絵画などの美術系でよく使われている道具です

 

こちら美術室とかになら必ずあると思うのですが

調べてみたら最低価格で80円くらいで売ってました

 

一見理科の実験などで使われるもののように思えますが

本当の使用方法は美術ということです

 

使い方

f:id:tyggv6fv6470kj:20181229194804j:image

まずこのように筆と一緒に箸と同じような持ち方をします

 

そこで定規の出番なのですが

ガラス棒を凹みに置き、滑らすように移動することで

真っ直ぐに筆が移動して

筆でも線がまっすぐ引けるいう仕組みです。(こんな感じに↓)

f:id:tyggv6fv6470kj:20181229195011j:image

筆を使って

真っ直ぐに線を引きたい時に

ペンや鉛筆と同じような引き方をしてしまっては絵の具が定規と紙の間に入り込んでしまって滲んでしまいます

 

なのでこのような技法が考えられたんでしょうね

これで筆も鉛筆やペンと同様に真っ直ぐ引けるんです!

 

オススメの定規

特定の人にしか使用用途がなく、

お試しあれとは言えませんので笑

個人的にオススメの定規をいくつか紹介しようと思います

 

オススメ①3角スケールものさし

こちらは↑

作図や縮図を製作される方にとっては非常に使いやすいタイプの定規

【定規 三角スケールアルミニウム 0スタート】です

 

スケール面の両側には縮尺メモリが6種類もありますので

図面の縮尺に合わせて実物の長さが図れるという代物です

気になる方は是非!

 

オススメ②自在曲線定規

こちらは↑

曲線や複雑な線を引く際に非常に重宝されるであろう定規

【ステッドラー 自在曲線定規】です

 

ドイツの文具メーカーである『ステッドラー』から出ているので

機能美や信頼は確かなものです

自由自在に定規が形を変化させることができる定規は

今までにないので、気になった方はどうぞ!

 

オススメ③滑らない定規

こちらは↑

線を引いている時に定規が滑らない

【モチモノ 滑らない定規ピタッとルーラー】です

 

定規で線を引いている時

定規と紙の摩擦が少ないせいで滑ってしまい二度手間になったことはないですか?

僕はよくこんな経験をした覚えがあります

 

そんな人のために作られた定規なので

気になった方はこの機会に是非!