Lucy’s blog

とある19才男性が次々に夢を叶えていくブログ

人に読んでもらえるブログ記事の書き方【わかりやすい=SEO対策】

f:id:tyggv6fv6470kj:20200219094734j:image

 『ブログ記事が読まれない』

『わかりやすい記事の書き方が知りたい』

↑のような疑問を解決していきます!

20200210071459

こんにちは!ルーシィ(@Lucy93014)です。

今回は「人に読んでもらえるブログ記事の書き方」をわかりやすく解説していきます。

これから紹介することに全て共通していることは「相手の脳に負担をかけずに情報を提供する」と言う点です。

実は人間は文書を読むと、脳に負担がかかってしまいます。

なので出来るだけ負担をかけないような配慮をすれば、「読みやすい文章になる→ブログ記事が読まれる」という流れで記事が自然と読まれていくのです。

 

これから紹介することは「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」に記載されていることを、記事主(=ルーシィ)が解釈し直して紹介します。

20200210071459

めちゃくちゃインプットしました!笑

f:id:tyggv6fv6470kj:20200219113246j:image

ではまず、記事を人に読んでもらうために重要な「3つの視点」について解説していきますね!

 

 

1. 記事を人に読んでもらうには3つの視点を意識しましょう

①共感を誘発させる

②「みやすさ」と「わかりやすさ」にこだわる

③冒頭で伝えたいことをまとめる

まず初めに、以上の3つを意識してみて下さい。

20200210071459

なんかいまいちパッとこない……。

よくわからない人のために一つ一つ解説していきますね!

1-1. 共感を誘発させる書き方

20200210071459

自分のことになると人は興味が湧くんだよ。

記事をよでいる読者が本文を初めに見るのは冒頭部分です。

そこで読者に自分事化させるよう、共感性を誘発させて下さい。

 

では一体、どうやって入れるのか。

それは「感情表現」代弁することです。この記事でもやっています。

この記事を読んでくれている読者の悩みを先回りして、冒頭で書いてしまうんです。

そしたら読者が『自分の事だ』と判断し、記事をよく読んでくれやすくなります。

 

1-2.「みやすさ」と「わかりやすさ」にこだわる

20200210071459

見にくいと感じたら読まれないよ。

みやすさとわかりやすさにこだわって下さい。

冒頭でも解説しましたが、人が文章をよむと「脳」が負荷を受けている状態になります。

負荷を受け続けると、人は『読みづらい』と判断してしまいます。読みづらいと感じたら、読むのをやめてしまい、記事から離脱してしまうんです。

 

だから出来るだけ見やすく、わかりやすくすることにこだわり続ける必要があるんですね。

 

1-3.冒頭で伝えたいことをまとめる

20200210071459

結論は「最初と最後」を徹底しよう。

先程、冒頭で共感性を誘発させると解説しました。

もう一つ冒頭でやることがあります。結論を述べて下さい。

人は結論を最初に知ると『なんで?』と疑問になります。

その探究心を利用することで、記事が読まれやすくなります。

 

2. 人に読んでもらえるブログ記事の書き方

  1. 改行や行間を意識する
  2. 難しい漢字を使わない
  3. 「この」「あの」などの指示代名詞を減らす
  4. 箇条書きで要点を整理する
  5. 情報をカテゴライズして整理する
  6. 文章は短くわかりやすく
  7. 感情表現で共感を誘う
  8. 文字のサイズや色にこだわる
  9. 区切り線や記号を使う
  10. 写真やイラストを使う
  11. 漫画的演出をする

以上の11個の書き方を意識しましょう。

順番に解説していきますね。

 

2-1. 改行や行間を意識する

ブログを人に読んでもらうには改行や行間を、

意識することで文章をより読みやすくする。

↑のような改行の仕方ではよみにくいです。

ブログを人に読んでもらうには、改行や行間を意識しましょう。

上2つを意識することで文章が読みやすくなります。

コッチの方が圧倒的に読みやすく、情報が頭に入りやすいですよね。

 

じつは、改行や行間を意識してかくことで、文章にリズムが生まれてよみやすくなるんです。

 

2-2. 難しい漢字を使わない

漢字と平仮名のバランスを意識しましょう。

 

お気づきですか?

漢字とひらがなのバランスを意識しましょう。

↑の方が読みやすいですよね。

 

漢字をあえて、ひらがなにすることを「漢字をひらく」と言います。

漢字が多すぎると硬い印象になります。いっぽうでひらがなが多くなると流暢でゆるくなり、かえって読みづらくなります。

漢字とひらがなのバランスを意識することで、全体的にやさしい文章になるんです。

 

2-3. 「この」「あの」などの指示代名詞を減らす

 

特定のキーワードを狙って記事を書くを場合、指示代名詞に直すともったいないです。

しかも読みづらくなる……。

「この」や「あの」などは便利な反面、記事を書く時には使いすぎないようにしましょう。

 

2-4. 箇条書きで要点整理

箇条書きを使うことで、情報を整理できます。

じつは、箇条書きの良いところは情報を整理するだけでなく、論理をショートカットできたりSEO的にも有利な特徴があったりします。

 

2-5. 情報をカテゴライズして整理

箇条書きも重要ですが、目次や囲みデザインも大事です。

文章だけだと読む気が失せますよね。

だからそれらを整理してあげると、より読者が読みやすくなるんです。

 

しかも目次だと書く見出しのリンクをカテゴライズしたものですので、読者にとって1番知りたい情報へ瞬時にジャン王できる重要なツールでもあるんです。

 

2-6. 文章が長くなりすぎないようにする

文章が長すぎると退屈です。

できるだけ簡潔に、ハッキリと書くことを意識しましょう。

 

2-7. 感情表現を入れて共感性を誘発する

最初の「人に読んでもらうための3つの視点」でも解説しましたね。

感情表現を入れることで、読者に「自分のこと」だと思わせて記事を読ませるテクニックです。

しかし、感情を入れすぎてしまうと、アクの強い文章になってしまいかえって読み辛くなります。

何事もちょうどよく調節が必要ですね。

 

2-8. 文字のサイズや色に注意する

 

文字のサイズに気を使っていますか?

文字が小さすぎると高齢者の方や、目が悪い人には非常に読みづらくなります。

一方で、文字が大きすぎるとスクロールするのが大変で、読みづらいです。

 

また、色にも注意しましょう。

本当のブラックを使った文字よりも、ちょっと灰色に近い黒を使った方が柔らかい印象になって読みやすくなる場合があります。

もちろん、背景の色にもよります。

自分のサイトによって、文字の色やサイズをカスタマイズしてみましょう。

 

2-9. 区切り線や記号を使う

気切り線や記号を用いて、文章を整理する方法もあります。

僕がよく使っているのは「」などのかっこや、↑→などの矢印です。

句読点の「、。」なども使うとわかりやすくなったりします。

 

2-10. 写真やイラストを使う

やはり、写真がないと全体的に硬い印象になりますね。

記事の最初に貼る「アイキャッチ画像」には最新の注意を払いましょう。

アイキャッチ画像とタイトルは「記事の顔」です。

2つがしっかりしていなければ記事を読む気にすらなりません。

 

2-11. 漫画的な演出をする

20200210071459

漫画が読みやすいのは想像する必要がないから

僕がよく使っている漫画的表現は「吹き出し」です。

 

吹き出しだと「誰」が言っているのかが一目瞭然です。

この記事はルーシィが書いている記事ですので、Lucyの姿がわかる吹き出しを入れたほうが、この記事の信頼性につながるのです。

 

4. [まとめ]記事の書き方を徹底しましょう

さて、ではもう一度人に読んでもらえるブログ記事の書き方をおさらいしてみましょう。

  1. 改行や行間を意識する
  2. 難しい漢字を使わない
  3. 「この」「あの」などの指示代名詞を減らす
  4. 箇条書きで要点を整理する
  5. 情報をカテゴライズして整理する
  6. 文章は短くわかりやすく
  7. 感情表現で共感を誘う
  8. 文字のサイズや色にこだわる
  9. 区切り線や記号を使う
  10. 写真やイラストを使う
  11. 漫画的演出をする

以上の11の書き方を実際に自分のブログでやってみてください。

 

冒頭でも解説しましたが、この記事で紹介したことは全て「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」の内容を僕自身が解釈したものになります。

しかもこれがすごいことに、今回の記事の内容は、ほんの一部分です……笑。

この記事があなたにとって参考になることを願っています。